AppleのAR/VRヘッドセットはiPhoneなしで単体で使用可能

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleのAR/VRヘッドセットはiPhoneを必要とせず、単体で使用できるようだと伝えています。

Appleのヘッドセット「Reality Pro」とオペレーティングシステム「xrOS」はiPhoneなしでセットアップできるようになっており、クラウドから直接ユーザのコンテンツとiCloudデータをダウンロードできるとのことです。新規デバイスとして設定する場合は、iPhone/iPadからデータを転送できるそうです。

最新の試作機では空中でテキストを入力できる機能を備えているとのことですが、改善の余地があり、Appleは発売後の早急な改善を目指しているようです。

Reality Proは6月のWWDCで発表され、年末に発売される予定です。

また、後継機も準備中で、2024年末または2025年にはローエンドのディスプレイとプロセッサコンポーネントを採用した廉価モデルも発売される予定で、名称は「Reality One」になる可能性があるとしています。

最初のReality Proはリアルなアバターを使ったFaceTimeビデオチャットが1対1に制限されるなど、グラフィックス性能がAppleが望むレベルに達していないため、第2世代モデルではパフォーマンスに焦点が当てられ、M3またはM4の派生版が採用されるようです。

ー 広告 ー