Apple、第4世代「iPhone SE」を中止または延期

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、Appleは2024年に量産予定の第4世代「iPhone SE」を中止または延期する可能性があるとツイートしています。

クオ氏は、第3世代iPhone SE、iPhone 13 mini、iPhone 14 PlusといったiPhoneの中下位モデルの出荷台数が予想を下回っているのが原因だろうと予想しています。

第4世代iPhone SEはフルスクリーンデザインの採用によりコストや価格の上昇が懸念されるため、Appleは製品の位置付けや投資収益を見直す必要があるかもしれず、不必要な新製品開発費を削減することは、Appleが2023年の世界的な景気後退を乗り切る助けになると同氏は指摘しています。

第4世代iPhone SEはiPhone XRと同じデザインになるとされています。