Adobe、PhotoshopやLightroomをアップデート

Adobe Inc.が、「Photoshop」「Lightroom」などの「Adobe Creative Cloud」アプリケーションのメジャーアップデートを発表しています。

Photoshopのデスクトップ版では、Appleシリコン搭載Macでのビデオ編集と再生のサポートや、円柱形のサーフェスにアートワークやテキストを湾曲させて追加できる円柱ワープの変形機能、人物画像の髪の毛をより適切に選択できるようになったオブジェクト選択ツール、ドキュメントレベルでカスタマイズできるようになったガイド機能、アプリ内コメントの絵文字の略語のサポートといった新機能が追加されています。

また、古い写真や傷のついた写真をよみがえらせることができる新しいニューラルフィルター「写真を復元」を先行発表しています。このフィルターはAdobe Creative Cloudデスクトップアプリに近日中に搭載されるよていです。

Photoshop web版(ベータ)では、トーンカーブ、境界線を調整、覆い焼き、スマートオブジェクトの変換といった編集機能や、モバイルブラウザからのレビュー、コメント機能、初心者向けのオンボーディングコンテンツとラーニングコンテンツ、パフォーマンスとUXの強化が追加されています。

Lightroomのデスクトップ版とiOS版では、編集スライダーとビデオプリセットを使用した動画編集機能や、マスクパネルでマスクグループを反転できる機能、写真へのプリセットの適用度を調整できるプリセット適用量スライダー、写真内の領域を特定して別々の効果を適用できるAIベースのアダプティブプリセット(デスクトップ版)、AIベースの自動赤目補正機能(デスクトップ版)、画像を並べて比較できる機能(デスクトップ版)などが追加されています。