HYPER、M1 MacBook Pro/Airでデュアル4Kディスプレイ接続を実現するUSB-Cハブを発売

株式会社ロア・インターナショナルが、米国HYPERブランドのM1チップ搭載Macでデュアル4Kディスプレイ接続を実現する「HyperDrive デュアル4K HDMI」シリーズを発売すると発表しています。

HyperDrive デュアル4K HDMIシリーズは、外部ディスプレイへの拡張表示が1台までに制限されているM1チップ搭載Mac(MacBook Pro、MacBook Air、Mac mini、iMac)で、2台の4K HDMIディスプレイを接続することができます。

HyperDrive デュアル4K HDMI 10in1 USB-Cハブ for M1」は、4K/60Hz対応HDMI、4K/30Hz対応HDMI、5Gbps対応USB-C、5Gbps対応USB A×2、ギガビットEthernet、SDカードスロット、microSDカードスロット、3.5mmオーディオコンボジャック、100W Power Delivery対応USB-Cを搭載したUSB-Cケーブル一体型の10-in-1 USB-Cハブです。

価格は22,000円で、11月25日(木)発売です。11月24日(水)まで15%オフの18,700円で予約販売中です。

HyperDrive デュアル4K HDMIアダプタ for M1 MacBook」は、4K/60Hz対応HDMI、4K/30Hz対応HDMI、100W Power Delivery対応USB-Cを搭載したアダプタです。

価格は12,980円で、本日11月15日(月)発売です。