Apple、「Final Cut Pro」と「Logic Pro」をアップデート

Apple Inc.が、「Final Cut Pro」と「Logic Pro」のアップデートを本日より提供すると発表しています。

Final Cut Pro 10.6」では、動いている映像にダイナミックテキストや色補正を追加できるオブジェクトトラッカーや、iPhone 13シリーズのシネマティックモードで撮影したビデオの編集のサポートが追加されています。

さらに、M1 Pro/Maxチップ搭載のMacBook Proでは、8K ProResの7つのストリームをフル解像度で再生したり、ProResビデオを従来の5倍を超える速度で書き出したりできるようになります。

Motion 5.6」と「Compressor 4.6」も本日提供されます。

Logic Pro 10.7」では、Apple Music向けに空間オーディオのミックスを作成できるようになっています。さらに、M1 Maxを搭載したMacBook Proでは、録音に使えるプラグインの数が最大で3倍になります