「iPhone」「Apple Watch Series」「AirPods」「iPad mini」「MacBook Pro」などの新モデルが秋に登場ーーマーク・ガーマン

マーク・ガーマン氏が自身のニュースレターPower Onで、Appleは年末に向けて新しい「iPhone」「Apple Watch」「AirPods」「iPad mini」「MacBook Pro」などを準備しているとレポートしています。

「iPhone 13」は、iPhone 12シリーズと同じサイズ展開・デザインで、A15チップ、小型化されたノッチ、ビデオ版ポートレートモード、AIによる写真のフィルターシステム、ProResビデオ録画(Proモデル)、ProMotion技術(Proモデル)などを搭載するとしています。

「Apple Watch Series 7」は、デザインが刷新され、フラットなディスプレイやアップデートされた画面技術、より高速なプロセッサーを搭載し、Apple Fitness+ではTime to Walk機能のバリエーション「Time to Run」「Audio Meditations」(音声瞑想)が提供されるそうです。

AirPodsは、AirPods Proに似たデザインで、柄の部分は短くなるとのことです。

iPad miniはこれまでで最大のアップグレードとなり、より薄く高速になった第9世代の「iPad」も準備されているそうです。

新しいMacBook Proは、2019年11月発売の現行MacBook Proが2周年を迎えるまでには発売されるようです。

新モデルは、デザインが刷新されて14インチと16インチのラインナップとなり、M1Xチップ、ミニLEDディスプレイ、MagSafe、HDMI、SDカードリーダーを搭載し、Touch Barや画面下のMacBook Proのロゴは廃止されると噂されています。