エレコム、抗菌仕様で軽い打ち心地のBluetoothキーボードを発売

エレコム株式会社が、軽い打ち心地のBluetoothキーボードを発売すると発表しています。

テンキーレスの「TK-FBM119KBK」と、テンキー付きの「TK-FBM120KBK」は、打ち心地が従来品と比較して約18%軽いキーを採用したBluetoothキーボードです。

財団法人日本規格協会(JSA)が定める抗菌性試験に準拠した抗菌仕様となっています。

Windows、Android、macOS、iOSそれぞれに最適化した入力モードを搭載しています。キータイプはメンブレン、キーレイアウトは日本語配列、キー数は92/109キー、キーピッチは19.0mm、キーストロークは2.5mmで、単4形乾電池1本で動作します。最大3台のマルチペアリングに対応しています。

店頭実勢価格は3,058円と3,278円で、3月中旬発売予定です。Amazon.co.jpでは2,662円2,792円で予約販売中です。