Ableton、コンピング機能などを搭載した音楽制作ソフト「Live 11」発表

Ableton株式会社が、音楽制作ソフトウェア「Live 11」を発表しています。

新バージョンでは、演奏した音やMIDIを複数のテイクとして個別に録りためるコンピングや、トラックの連結編集、ノートごとにピッチ、スライド、プレッシャーのパラメータを設定できるMPE(MIDIポリフォニックエクスプレッション)、新デバイス「Hybrid Reverb」「Spectral Resonator」「Spectral Time」「Inspired by Nature」「PitchLoop89」といった新機能を搭載しています。

価格は「Live 11 Intro」が10,800円、「Live 11 Standard」が48,800円、「Live 11 Suite」が80,800円で、2021年初春発売予定