Apple、HIV/AIDSおよびCOVID-19対策で(RED)との提携を拡大

Apple Inc.が、12月1日(火)の「世界エイズデー」に合わせて、2021年6月30日(水)までの期間、(PRODUCT)RED製品の全収益を世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に寄付すると発表しています。

Appleは、新型コロナウイルス感染症によるHIV/AIDS対策プログラムへの影響を緩和するために、今年初の発生初期段階からグローバルファンドの新型コロナウイルス対策を支援しているとのことです。

さらに、12月7日(月)までの期間、apple.com、Apple Storeアプリ、直営店でApple Payを使って購入されるたびに、1ドルがグローバルファンドの新型コロナウイルス対策に寄付されます。

Appleは2006年からの14年間に(RED)を通じて2億5,000万ドル近くをグローバルファンドのHIV/AIDS対策プログラムに寄付しています。