室内用空気品質モニター「uHoo」にウイルス残存の可能性を予測する機能

フォーカルポイント株式会社が、室内用空気品質モニター「uHoo」で、ウイルス残存の可能性をリアルタイムで予測する「ウイルス・インデックス」機能が利用できるようになったと発表しています。

ウイルス・インデックス機能は、温度、相対湿度、PM2.5、二酸化炭素、二酸化窒素の計測結果から空気内にウイルスが残存する可能性をリアルタイムで予測し、4レベル10段階で表示します。Android版では本日より、iOS版[App Store]では近日中に利用できます。

uHooは、搭載する9つのセンサーで気温、湿度、気圧、二酸化炭素、TVOC(総揮発性有機化合物量)、PM2.5、一酸化炭素、二酸化窒素、オゾンを測定してスマートフォンで確認することができます。IFTTTにも対応しており、Alexa、Googgle アシスタント、Nest、ルンバと連携させたり、Google スプレッドシートに記録させたりすることも可能です。