「Things 3 for iPad」がマウスとトラックパッドをサポート

Cultured Code GmbH & Co. KGが、iPadOS向けタスク管理アプリ「Things 3 for iPad」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン3.12.2では、iPadOS 13.4以降でマウスとトラックパッドをサポートしています。

• インターフェース全体がカーソルに応答
カーソルはクリックに対応するインターフェースの要素をハイライトし、ボタンやチェックボックスにマウスを近づけるとそこにジャンプします。

• どこからでもコンテクストメニューを
新しく、サイドバーのタスク、プロジェクト、エリア、リストなど、あらゆるものを右クリックできます。この操作でパワフルなアクションを持つコンテクストメニューを立ち上げられます。

• スワイプジェスチャをサポート
タスクまたはプロジェクトを、右にスワイプするとスケジュールを作成、左にスワイプするとマルチセッションモードを開始できます。また、チェックリスト内から左にスワイプすると、行を削除できます。

• 新規ウインドウを開く
サイドバーでリストを右クリックして“新規ウインドウで開く”を選択すると、すばやくSplit Viewを開始できます (“Cmdキー+W”で終了できます)。

• 特別なクリック機能
タスクを開かないで選択するには、Cmdキーを押しながらタスクをクリックしてください。空いているスペースをクリックすると、選択を解除できます。タスクをキャンセルしたい場合は、Optionキーを押しながらタスクのチェックボックスをクリックしてください。

iOS版[App Store]もアップデートされています。