macOS Catalina対応の「Parallels Desktop 15 for Mac」リリース

Parallels International GmbHが、macOS上でWindowsやLinuxを実行できる「Parallels Desktop 15 for Mac」をリリースしたと発表しています。

新しいバージョンでは、MetalによるDirectX 11のサポート、SidecarとApple Pencilのサポート、Bluetooth経由のXbox Oneコントローラーのサポートなどが追加されています。

スクリーンショットのプレビューをドラッグ&ドロップする、Windowsのパスワードをキーチェーンに保存、Safariからファイルをドラッグ&ドロップする、ファイルをWindowsのメールアプリで送信するといったことも可能になっています。

また、パフォーマンスも強化されており、バージョン14と比べると、Microsoft Officeの起動は最大80%高速、3Dグラフィックスは最大15%高速で、ユーザインターフェイスの反応も向上しています。

家庭及び学生向けの「Parallels Desktop」、開発者やパワーユーザ向けの「Parallels Desktop Pro Edition」、ビジネス向けの「Parallels Desktop Business Edition」がラインナップされています。価格は新規ライセンスが8,345円〜、アップグレードが5,204円〜です。