「iPhone 14」タグアーカイブ

「iPhone 14」シリーズのサプライヤーの供給問題、影響は限定的

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズのメモリとパネルのサプライヤーが供給の問題に直面しているものの、他のサプライヤーが不足を補うことができるため今後の大量生産への影響は限定的だろうとツイートしています。

クオ氏によると、LPDDR5メモリを供給する米国Micron社と韓国SK Hynix社は、前者が認証スケジュール、後者が品質の問題により出荷が早くても第4四半期になる見通しで、それまでは韓国Samsung社が唯一のサプライヤーとなり、iPhone 14 Proの生産増加需要にも対応できるとのことです。

パネルについては、韓国LG Display社がiPhone 14とiPhone 14 Pro向けのパネルに外観の問題を抱えているものの、韓国Samsung社と中国BEO社が初期の不足を補うことができるとしています。

「iPhone 14」シリーズは前面カメラがアップグレード

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」は前面カメラがアップグレードされるとレポートしています。

クオ氏によると、前面カメラは固定フォーカスからオートフォーカスにアップグレードされ、セルフィーとビデオの性能が大幅に向上するそうです。レンズ構成は5枚から6枚にアップグレードされるとのことです。

iPhone 14シリーズ全4機種の前面カメラがアップグレードされ、絞り値ƒ/1.9のレンズを搭載する見込みです。

前面オートフォーカスカメラのサプライヤーは、CIS(CMOSイメージセンサー)がソニー社、レンズが台湾Genius Electronic Optical社と台湾Largan Precision社、VCM(ボイスコイルモータ)がアルプスアルパイン社と中国Luxshare ICT社、CCM(CMOSカメラモジュール)が韓国LG Innotek社と韓国Cowell社となるようです。

「iPhone 14」シリーズはProモデルのみ「A16」チップを搭載

9to5Macが、台湾の調査会社TrendForceが、2022年後半に発売される「iPhone 14」シリーズはProモデルのみが「A16」チップを搭載すると予想していると伝えています。

「iPhone 14」「iPhone 14 Max」はA15チップ(TSMC N5P)と6GB LPDDR4Xメモリ、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」はA16チップ(TSMC N4)と6GB LPDDR5メモリを搭載するとTrendForceは予想しており、ベースモデルは現行のiPhone 13 Proと同じ構成となるようです。

ディスプレイは6.1インチと6.7インチ、ストレージはベースモデルが128GB/256GB/512GB、Proモデルが256GB/512GB/1TB、前面カメラは12MP、背面カメラはベースモデルが12MP+12MP、Proモデルが48MP+12MP+12MPとなるとの予想です。

アナリストのミンチー・クオ氏も同様の構成を予想しています。

「iPhone 14 Pro」はわずかに大きいディスプレイを搭載

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、今年発売される「iPhone 14 Pro」はiPhone 13 Proよりもわずかに大きいディスプレイを搭載するとツイートしています。

iPhone 14のProモデルは、ディスプレイ上部の切り欠きがピル型と丸型に変更され、ベゼル幅はより狭くなるため、「iPhone 14 Pro」は6.12インチ、「iPhone 14 Pro Max」は6.69インチのディスプレイを搭載するとのことです。iPhone 13 Proは6.06インチ、iPhone 13 Pro Maxは6.68インチのディスプレイを搭載しています。

また、iPhoneのアンダースクリーンFace IDとアンダースクリーンカメラのロードマップも公開しています。

2023年:iPhone 15全モデルにピル型と丸型の切り欠きを採用
2024年:iPhone 16 ProのみにアンダースクリーンFace ID採用、カメラはパンチホール型のまま
2025年:iPhone 17全モデルにアンダースクリーンFace ID採用、カメラはパンチホール型のまま
2026年:iPhone 18 ProのみにアンダースクリーンFace IDとアンダースクリーンカメラを採用

「iPhone 14」シリーズのフロントパネルとされる写真が流出

9to5Macが、「iPhone 14」シリーズのフロントパネルとされる写真がWeiboに投稿されたと伝えています。

サラン・バイト氏によると、Proモデルはベースモデルと比べてベゼルが細くなっており、アスペクト比はベースモデルが19.5:9であるのに対し、Proモデルは20:9となっているとのことです。

9to5Macは以前、「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」は前面上部の切り欠きが丸型とピル型に変更されるのに伴い、画面の高さが少し増すと伝えていました。

「iPhone 14」シリーズはフロントカメラがアップグレード

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズはフロントカメラがアップグレードされるようだとツイートしています。

全4機種のフロントカメラはオートフォーカスに対応し、絞り値f1.9のレンズにアップグレードされるとのことです。iPhone 13シリーズのフロントカメラは固定フォーカスでf2.2のレンズを搭載しています。

iPhone 14シリーズは、6.1インチのiPhone 14、6.7インチのiPhone 14 Maxと、6.1インチのiPhone 14 Pro、6.7インチのiPhone 14 Pro Maxの4サイズ展開で、Proモデルは切り欠きがピル型と丸型に変更され、背面には48MPの広角カメラが搭載されると噂されています。

iPhone 14シリーズのモールドの写真

MacRumorsが、Weiboに「iPhone 14」シリーズのモールドとされる写真が投稿されていると伝えています。

この金型は、サードパーティーのiPhoneケースメーカーが商品開発のために用意したものとみられます。

iPhone 14シリーズは、ベースモデルがProモデルと同じ6.1インチと6.7インチのサイズ展開となり、Proモデルは切り欠きのデザインが変更され、カメラが若干大きくなるとされています。

「iPhone 14」シリーズのベースモデルはminiが廃止、Proモデルは画面サイズが変更

9to5Macが、「iPhone 14」シリーズのベースモデルはminiが廃止され、Proモデルは画面サイズが若干変更されるようだと伝えています。

iPhone 14シリーズは、ベースモデルがコードネーム「D27」「D28」と呼ばれる6.1インチと6.7インチの2サイズ展開で、5.4インチのminiは発売されないとのことです。

Proモデルはコードネーム「D73」「D74」と呼ばれる「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」のラインナップで、前面上部の切り欠きが丸型とピル型に変更されるのに伴い、画面の高さが少し増すようです。

iPhone 14シリーズはベースモデルがA15チップ、ProモデルがA16チップを搭載するとミンチー・クオ氏は予想していましたが、9to5Macの情報筋もベースモデルはA15チップ、Proモデルは新しいチップを搭載すると述べているとのことです。

また、昨年報じられていた衛星通信機能については、Appleはテキストメッセージを衛星通信で送信できるプロトタイプをテストしているそうですが、iPhone 14シリーズに搭載されるかは不明のようです。

「iPhone 14」シリーズ、ProモデルはA16チップ、標準モデルはA15チップを搭載ーーミンチー・クオ

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏が、「iPhone 14」シリーズはProモデルのみがA16チップを搭載するようだと伝えています。

iPhone 14シリーズは、上位のProモデルのみがA16チップを搭載し、下位の標準モデルにはA15チップが採用されるようです。

メモリはProモデルが6GB LPDDR5、標準モデルが6GB LPDDR4Xを搭載するとのことです。iPhone 13シリーズはProモデルが6GB LPDDR4X、標準モデルが4GB LPDDR4Xを搭載しています。

iPhone 14シリーズの名称については、Appleの法則に従えば下位モデルの6.1インチが「iPhone 14」、6.7インチが「iPhone 14 Max」、上位モデルの6.1インチが「iPhone 14 Pro」、6.7インチが「iPhone 14 Pro Max」になるだろうとツイートしています。