ヤマハ、3Dサウンドフィールド機能搭載ワイヤレスヘッドフォンなどを発売

ヤマハ株式会社が、ワイヤレスヘッドフォン「YH-L700A」「YH-E700B」を2月3日(金)より発売すると発表しています。

YH-L700AとYH-E700Bは、耳の中で鳴っている音の伝達特性を測定してリアルタイムに音を最適化する「リスニングオプティマイザー」や、コンテンツの音量や周りの騒音を解析し、音量を上げることなく小さい音量でも聴きやすい音を再現して聴覚を保護する「リスニングケア(アドバンスド)」、インマイクで拾った音を音楽信号とノイズ成分に分けて、ノイズ成分だけにキャンセリング処理を施す「アドバンスドANC〈アクティブ・ノイズ・キャンセリング〉」、周囲の音を取り込む「アンビエントサウンド」を搭載したワイヤレスヘッドフォンです。

YH-L700Aはさらに、AVレシーバーに搭載している音場創生技術「シネマDSP」技術をヘッドフォン向けに再設計した「3Dサウンドフィールド」機能を搭載し、映画、ミュージックビデオ、音楽コンテンツ向けの7つの3次元音場再生機能を利用できます。顔の向きに合わせて音の鳴る位置を調整する「ヘッドトラッキング」機能も搭載しており、パーソナルホームシアターのような感覚で動画コンテンツを楽しめます。

YH-E700Bは、映像と音のズレを抑える「ゲーミングモード」と、通話機能を備えています。

両モデルとも40mm径のドライバーを搭載し、コーデックはSBC、AAC、Qualcomm aptX Adaptiveに対応しています。

3.5時間の充電時間で、YH-L700Aは約34時間(ANC有効、3Dサウンドフィールド無効時)または約11時間(ANC/3Dサウンドフィールド有効時)、YH-E700Bは最大32時間(ANC無効時)または最大30時間(ANC有効時)の再生が可能です。

価格はオープンです。ビックカメラ.comでは66,000円44,000円で予約販売中です。