Apple、Google、Microsoftがパスワードレス認証のサポートを拡大

Apple Inc.、Google LLC、Microsoft Corporationの3社が、FIDOアライアンスおよびWorld Wide Web Consortium(W3C)が策定した共通パスワードレス認証標準のサポートを拡大する計画を発表しています。

現在ユーザは、指紋、顔、デバイスのPINによるパスワードレス認証を利用する前に、デバイスごとにウェブサイトやアプリにサインインする必要がありますが、FIDO標準サポートの拡大により、デバイスやプラットフォームを問わない一貫した安全で簡単なパスワードレス認証が利用できるようになるとのことです。

来年にかけてApple、Google、Microsoftのプラットフォームで提供される2つの新機能:

  1. ユーザは自分のデバイスでアカウントごとに再登録することなくFIDO認証資格情報(パスキー)に自動でアクセス可能に。
  2. 実行中のOSプラットフォームやブラウザに関係なく、ユーザはモバイルデバイス上でFIDO認証を利用して、近くにあるデバイスのアプリやウェブサイトにサインイン可能に。