「iPhone 15 Pro」はペリスコープレンズを搭載

MacRumorsが、アナリストのジェフ・プー氏は、2023年発売の「iPhone 15」シリーズのうち少なくとも1機種はペリスコープ(潜望鏡)構造の望遠レンズを搭載すると予想していると伝えています。

ペリスコープレンズは、反射鏡で光を90°屈曲させることで、奥行きのあるレンズモジュールを横向きに配置して本体の厚さを抑えることができる技術です。

ミンチー・クオ氏は以前、iPhone 15 Proの少なくとも1つの機種にペリスコープレンズが搭載されるだろうと述べていました。