Apple、中小企業向けサービス「Apple Business Essentials」発表

Apple Inc.が、中小企業向けにデバイス管理、24時間週7日体制のAppleサポート、iCloudストレージを提供するサブスクリプションプラン「Apple Business Essentials」を発表しています。

Apple Business Essentialsは、従業員数500人までの中小企業を対象としたサービスで、セットアップやオンボーディングといった総合的なAppleデバイスセットアップ、仕事専用のiCloudアカウント、24時間週7日体制の電話サポートや毎年最大2台のデバイス修理を利用できる「AppleCare+ for Business Essentials」などが提供されます。

従業員が仕事用のアプリをインストールしたり、サポートを要請できる「Apple Business Essentials」アプリも提供されます。

プランは、1デバイスあたり月額2.99ドルのシングルデバイスプラン、1ユーザあたり月額6.99ドルのマルチデバイスプラン、1ユーザあたり月額12.99ドルの2TBストレージ付きマルチデバイスプランの3種類が用意されています。

Apple Business Essentialsは本日より米国でベータ版が提供され、2022年春より正式サービスが開始される予定です。