Apple、「Apple Watch Series 7」を発表

Apple Inc.が、最大の常時表示Retinaディスプレイを搭載し、耐久性や充電機能を向上された新しい「Apple Watch Series 7」を発表しています。

Series 7は、ケースが41mmと45mmにサイズアップし、Series 6と比べてスクリーン領域が約20%拡大し、屋内で70%以上明るく見えるようになった常時表示Retinaディスプレイを搭載しています。

新しいディスプレイに合わせてユーザインターフェイスも最適化され、2つのより大きなフォントサイズ、指をスライドして入力できる「クイックパス」機能を搭載した新しいQWERTYキーボードを利用できるようになっています。また、システム全体でボタンのデザインが一新されています。

前面クリスタルは、Series 6よりも50%厚くすることで強度と耐久性を向上せています。さらに、WR50耐水性能に加え、IP6X防塵性能も追加されています。

Apple Watch Series 7は、これまでと同じく18時間のバッテリー駆動時間で、新しい充電アーキテクチャとApple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブルにより充電時間がSeries 6と比べて33%速くなっています。

Apple Watch Series 7は、ミッドナイト、スターライト、グリーン、ブルー、(PRODUCT)REDの5色の新しいアルミニウムケースカラーを取り揃えています。「Apple Watch Nike」と「Apple Watch Hermès」には新しいバンドと文字盤も用意されています。

価格は399ドル〜で、米国や日本などで秋に発売される予定です。

磁気充電 – USB-Cケーブル付属の「Apple Watch SE」、新しいApple WatchバンドApple Watch Nikeバンドは本日より注文可能です。