Apple、2022年にAR/VRヘッドセット、2025年にARグラス、2030年以降にARコンタクトレンズを発売

9to5Macが、Appleは2022年にヘルメットタイプのAR/VRヘッドセット、2025年にARグラス、2030〜2040年にはARコンタクトレンズを発売するかもしれないと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、AR/VRヘッドセットの試作機は重さが200〜300gで、技術的な問題を解決できれば100〜200gまで軽量化され、1,000ドル前後で発売されるだろうと予想しています。ディスプレイはソニーのマイクロOLEDを採用するようです。

ARグラスは現実世界にAR要素を重ね合わせる光学シースルーAR体験を提供するもので、試作機はまだ作られていないとのことです。

ARコンタクトレンズについては、コンピューティング能力とストレージを持たず、iPhoneとの接続に頼るものになるだろうとしており、スケジュールの見通しは立っていないそうです。