「iPhone 12」はFace IDやカメラ機能などが向上

MacRumorsが、リーカーのマックス・ワインバック氏が「iPhone 12」ファミリーに関する情報をツイートしていると伝えています。

iPhone 12ファミリーは、「ダイナミック・ゾーニング・アルゴリズム」採用のによりFace IDのパフォーマンスが向上しているとのことです。また、iPhone 12 miniではノッチの横幅が狭くなり、縦幅は若干広くなるようです。

カメラも向上しており、デジタルおよび光学ズーム機能の強化、マクロカメラ機能、iPhone 11 Proと比べて35%大きい超広角レンズ開口による暗い場所での撮影性能の向上なども搭載されるとのことです。

バッテリー駆動時間については、Porモデルでは1時間伸びるようですが、5.4インチのiPhone 12 miniについてはサイズの関係からiPhone 11よりも短くなっているそうです。