ウェルネスとフィットネス機能搭載の「Apple Watch Series 6」発表

Apple Inc.が、「Apple Watch Series 6」を発表しています。

Apple Watch Series 6は、緑色、赤色、赤外線からなる4つのLEDクラスターで手首の血管を照射して、4つのフォトダイオードで反射光を読み取り、血中酸素濃度アプリのアルゴリズムを使用して血中の酸素レベルを測定することが可能で、バックグラウンドで定期的に計測されるようになっています。

Series 6は第6世代のSiP「S6」を搭載し、iPhoen 11のA13 Bionicをベースにしたデュアルコアプロセッサが組み込まれており、前世代と比べて20%高速、アプリの起動も20%高速となり、一方で18時間のバッテリ駆動時間を維持しています。

さらに、次世代のデジタルの車の鍵といった新しい体験をサポートする短距離無線位置測位が可能になるU1チップとUltra Wideband(超広帯域無線)アンテナも搭載しています。

常時表示Retinaディスプレイは屋外での明るさがApple Watch Series 5の2.5倍となっています。常時計測の高度計も搭載されており、高度変化をリアルタイムで確認することができます。

Series 6には新しいブルーアルミニウムケース、グラファイトステンレススチールケース、イエローゴールドステンレススチールケース、Apple Watch (PRODUCT)REDが追加され、クラスプやバックルがない伸縮性のあるシリコン製バンド「ソロループ」、リサイクル糸を使用した「ブレイデッドソロループ」、ループバックや金具を省いた「レザーリンク」も加わっています。

Apple Watch Nikeには新色のスポーツバンドとスポーツループ、新しいNike文字盤、Apple Watch Hermèsにはアトラージュストラップ(シンプルトゥールおよびドゥブルトゥール)が追加されています。

watchOS 7は、自分のiPhoneにiPhoneを持っていない家族のApple Watchをペアリングして、個別の電話番号とアカウトを使うことができる「ファミリー共有設定」を搭載しています。

価格はGPSモデルが42,800円(税別)〜、GPS + Cellularモデルが53,800円(税別)〜となっています。本日より注文可能で、9月18日(金)に発売されます。

なお、今のユーザは多くのUSB電源アダプタを持っており、不要な電源アダプタを製造して資源を無駄に消費し、カーボンフットプリントを増やすことを避けるために、Apple Watch Series 6、Apple Watch SE、Apple Watch Series 3、Apple Watch NikeにはUSB電源アダプタを同梱しないことを明らかにしています。