Apple、「watchOS 7」を発表

Apple Inc.が、「watchOS 7」を発表しています。

watchOS 7では、1つの文字盤で複数のコンプリケーションを扱えるようになっています。また、文字盤をメッセージやメールで共有したり、App Storeでサードパーティ製の文字盤を探したりできます。

さらに、ユーザからの要望が多かった機能として、睡眠時間などをトラッキングする睡眠記録機能が搭載されており、就寝前のルーティンを作成できる「就寝準備」、画面を自動的に暗くする「睡眠モード」なども利用できるるようになっています。睡眠スケジュール、就寝準備、睡眠モードはiOS14を搭載したiPhoneだけでも利用できます。

watchOS 7では、時計としては初めて手洗いの自動検出機能を搭載しています。手を洗う動作や音を検知すると20秒のカウントダウンタイマーが作動するようになっており、帰宅時に手洗いを促す機能も搭載しています。

ワークアウトAppはフィットネスAppに改名され、新しいワークアウト「コアトレーニング」「ダンス」「機能的筋力トレーニング」「クールダウン」が追加されています。

watchOS 7のデベロッパベータは本日より入手可能で、パブリックベータは来月公開されます。iOS 14以降が動作するiPhone 6s以降とペアリングされたApple Watch Series 3以降に対応しており、正式版は秋に無料で提供される予定です。