「Vivaldi 3.1」、全画面メモ管理機能を搭載、メニューバー項目のカスタマイズをサポート

Vivaldi Technologies ASが、ウェブブラウザ「Vivaldi 3.1」をリリースしたと発表しています。

新しいバージョンでは、サイドバーに格納されているメモ機能が強化され、ページ全体でメモの編集ができるようになっています。テキスト管理機能では、テキストの書式設定、WYSIWYGエディタ、テキスト検索、元に戻す/やり直す、単語数表示、画像添付、コンテキストメニューやクイックコマンドからのメモ作成、フォルダ整理などが利用しています。

さらに、メニューバーの編集をサポートしており、設定>外観>メニューからメニューバー項目追加をカスタマイズできるようになっています。