「iPhone 12」タグアーカイブ

「iPhone 12」のパッケージングが流出?電源アダプタやイヤフォンを同梱しない薄型に

9to5Macが、USB電源アダプタとイヤフォンが同梱されないと噂されている「iPhone 12」のパッケージデザインとされる画像が流出したと伝えています。

ConceptsiPhoneがは、信頼できる筋から入手したとするiPhone 12のボックスに含まれるトレイのデザインの画像を公開しています。

このトレイにはiPhone 12が収まるくぼみの中に、ブックレット/ステッカー、ケーブルが入るとみられる四角いくぼみと丸いくぼみが設けられており、電源アダプタやイヤフォンが収まるスペースはありません。

「iPhone 12」ダミーユニットのハンズオンレポート

MacRumorsが、「iPhone 12」のダミーユニットのハンズオンレポートを公開しています。

今年の新型iPhoneは、5.4インチと6.1インチの「iPhone 12」と、6.1インチと6.7インチの「iPhone 12 Pro」のラインナップで、iPad Proのようなデザインに変更されると噂されています。

ケースメーカー向けに製作されたダミーユニットによると、5.4インチiPhone 12は初代iPhone SEよりも大きく、第2世代iPhone SEよりも小さいとのことです。

6.1インチiPhone 12 Proは5.8インチのiPhone 11 Proと比べるとわずかに大きく、iPhone 11に近いサイズ感で、6.7インチiPhone 12‌ Proも6.5インチのiPhone 11 Por Maxより大きくなっています。

5.4インチ「iPhone 12」のサイズ比較写真

MacRumorsが、新しい5.4インチ「iPhone 12」と、初代iPhone SE、iPhone 7のサイズを比較した写真を掲載しています。

このサイズ比較写真[1/2]は、MacRumorsフォーラムのユーザが投稿したもので、淘宝(タオバオ)で5.4インチiPhone 12のダミーモデルを購入したとのことです。

ダミーモデルは、初代iPhone SEと比較すると幅は約6mm増し、高さは約7mm増し、厚さは約1mm増しとなっているそうです。

今年の新しいiPhoneは、5.4インチと6.1インチのiPhone 12と、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proがラインナップされると噂されています。

Apple、iPhoneのUSB電源アダプタに関するアンケートを実施

MacRumorsが、AppleがiPhoneに同梱されているUSB電源アダプタに関するアンケートを行なっていると伝えています。

ブラジルのTwitterユーザ@Gunstaxl@bedabb_によると、Appleが実施しているiPhone購入者を対象にしたアンケートに、以前のiPhoneに同梱されていたUSB電源アダプタをどうしたのかという設問が含まれているとのことです。

今年発表される「iPhone 12」は、USB電源アダプタとイヤフォンが同梱されないと噂されています。

「iPhone 12」にはEarPodsとUSB電源アダプタが同梱されず

MacRumorsが、「iPhone 12」はEarPodsに加えUSB電源アダプタも同梱されないようだと伝えています。

香港TF International Securities社のアナリストであるミンチー・クオ氏は、5G対応によりコストが増加したiPhone 12は、iPhone 11と同等の価格で販売するために、EarPodsとUSB電源アダプタが同梱されないと述べています。

iPhone 12に同梱されると噂されている「20W USB-C電源アダプタ」は単体で販売されるようです。5Wと18Wの電源アダプタについては生産終了となるようです。

さらに、ミンチー・クオ氏は、Appleは10.8インチの「iPad」を2020年下半期に、8.5インチの「iPad mini」を2021年上半期に発売する計画であると述べています。

[更新]「iPhone 12」には20W出力のUSB-C電源アダプタが付属?

[更新]MySmartPriceが、Appleの20W USB-C電源アダプタ「A2305」「A2247」がノルウェーとオーストラリアの検査機関の認可を受けたと伝えています。


9to5Macが、Mr·whiteのツイートによると、「iPhone 12」には20W出力のUSB-C電源アダプタが付属するようだと伝えています。

現行のiPhone 11には「5W USB電源アダプタ」、iPhone 11 Proには「18W USB-C電源アダプタ」が同梱されています。

iPhone 12ファミリーは、下位モデル2機種と上位モデル2機種のラインナップになると見られていますが、20W USB-C電源アダプタが全機種に同梱されるのかは不明です。

「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」の金型とCAD

MacRumorsが、@Jin_StoreがTwitterで「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の金型CADの写真を投稿していると伝えています。

これらの金型やCADデータは、iPhoneケースメーカーが商品開発のために用意したものとみられます。

iPad Proのようにエッジ部分がフラットなデザインに変更される新しいiPhoneは、5.4インチと6.1インチのiPhone 12は、アルミニウム製ボディにOLEDディスプレイ、A14チップ、4GBメモリ、デュアルカメラを、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proは120Hz ProMotionテクノロジー搭載10-bit色深度対応OLEDディスプレイ、ステンレススチール製ボディにA14チップ、6GBメモリ、トリプルカメラ&LiDARスキャナを搭載すると報じられています。

ジョン・プロッサー氏は以前、容量と価格について、iPhone 12は128GB(649ドル/749ドル)と256GB(749ドル/849ドル)、iPhone 12 Proは128GB(999ドル/1,099ドル)、256GB(1,099ドル/1,199ドル)、512GB(1,299ドル/1,399ドル)となると述べていました。

新しい「iPhone」の発売に遅れーーBroadcomのCEOが示唆

MacRumorsが、iPhoneのチップを供給するBroadcom社のホック・タンCEOが、今年の新しい「iPhone」の発売は遅れる可能性があるとコメントしたと伝えています。

Bloombergの報道によると、ホック・タン氏は業績発表のカンファレンスコールで、北米の大手携帯電話の顧客の製品サイクルに大幅な遅れがあり、ワイヤレス事業の売上増加は第4四半期にずれ込むだろうと述べたそうです。

「iPhone 12」、容量は128GBから

MacRumorsが、iPhoneの新モデル「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は、容量が128GB〜になるようだと伝えています。

FRONT PAGE TECHのジョン・プロッサー氏によると、5.4インチと6.1インチのiPhone 12は128GB(649ドル/749ドル)と256GB(749ドル/849ドル)、6.1インチと6.7インチのiPhone 12 Proは128GB(999ドル/1,099ドル)、256GB(1,099ドル/1,199ドル)、512GB(1,299ドル/1,399ドル)がラインナップされるとのことです。

iPhone 12ファミリーは5G対応で、下位モデルのiPhone 12はアルミニウム製ボディにA14チップ、4GBメモリ、OLEDディスプレイ、デュアルカメラを、上位モデルのiPhone 12 Proはステンレススチール製ボディにA14チップ、6GBメモリ、120Hz ProMotionテクノロジー搭載で10-bit色深度対応のOLEDディスプレイ、トリプルカメラ&LiDARスキャナを搭載するようです。

「iPhone 12」は649ドル〜、「iPhone 12 Pro」は999ドル〜?

ジョン・プロッサー氏が、情報筋から入手した「iPhone 12」の価格情報をツイートしています。

「iPhone 12」の5.4インチモデルは649ドル、6.1インチモデルは749ドル、6.1インチの「iPhone 12 Pro」は999ドル、6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」は1,099ドルと設定されるとのことです。全モデル5G対応で、OLEDディスプレイを搭載するようです。

現行モデルの価格は、iPhone 11が699ドル〜、iPhone 11 Proが999ドル〜、iPhone 11 Pro Maxが1,099ドル〜です。

プロッサー氏によると、この価格情報を提供した情報筋はiPhone SEの発売日を事前に知っていたとのことです。