Apple、2024年までにLightningからUSB-Cに移行

Bloombergのマーク・ガーマン氏が、AppleはiPhoneなどのLightningポートをUSB-Cに切り替えて欧州の新しい法令を遵守する予定であると伝えています。

マーク・ガーマン氏はニュースレターのPower Onで、Appleが2023年秋発売の「iPhone 15」でUSB-Cを採用するのは確実で、エントリーレベルの「iPad」については今年中にUSB-Cに変更されるだろうと述べています。

「AirPods」「AirPods Pro」「AirPods Max」は2024年までに次のバージョンで、「Magic Mouse」「Magic Keyboard」「Magic Trackpad」は新しいiMacやMac Proなどの発売に合わせてUSB-Cに変更される見込みとのことです。

しかし、少なくともAppleのモバイルデバイスの場合は、USB-Cの時代は10年以上続いたDock(30ピン)やLightningよりも短命になると同氏は予想しています。

ガーマン氏は、Appleの未来はワイヤレスで、10年もしないうちに2017年にキャンセルされたAirPowerの夢が別の形となって実現すると信じており、iPhoneとiPadは今後数年のうちにApple Watchのように電磁誘導充電に完全移行すると述べています。