Apple、新しいアクセシビリティ機能を発表

Apple Inc.が、障害を持つユーザ向けにナビゲーション、健康、コミュニケーションなどのための新しい機能を年内に提供すると発表しています。

視覚障害のあるユーザのための「ドア検出」
目的地に到着した際にiPhone/iPadのカメラ、LiDARスキャナ、機械学習を使用してドアを見つけ、ドアまでの距離やドアにある文字を読み上げる機能。

身体障害や運動障害のあるユーザのための補助機能
音声コントロールやスイッチコントロールといったiPhoneの支援機能を使用してApple Watchをコントロールできる「Apple Watchミラーリング」と、ダブルピンチジェスチャーによる電話の受話/終話といったような簡単なハンドジェスチャーでApple Watchをコントロールできる新しい「クイックアクション」。

聴覚障害のあるユーザのための「ライブ字幕」
iPhone/iPad/Macの電話、FaceTime、ビデオ通話アプリ、ソーシャルメディアアプリなどで会話の内容を自動で文字起こしする機能。

また、スクリーンリーダ機能の「VoiceOver」で20以上の新しい言語とロケールのサポート、2つのコントローラーを使って介護者や友人にゲームプレイを手伝ってもらうことができる「バディコントローラー」、Siriがリクエストに応答するまでの待ち時間を設定できる「Siriポーズタイム」、一文字づつ入力してカスタムスペルを音声入力できる「音声コントロールスペルモード」(英語のみ)、家のアラーム、ドアベル、電化製品など人の環境に固有の音を認識する「サウンド認識」、Apple Booksアプリの新しいテーマや、テキストの太字化や、行/文字/単語の間隔調整といったカスタマイズオプションといった新機能も提供される予定です。