Appleウォレットの運転免許証と州発行身分証明書、アリゾナ州で利用可能

Apple Inc.が、本日より米国アリゾナ州で運転免許証と州発行の身分証明書をiPhoneやApple WatchのウォレットAppに追加できるようになったと発表しています。

ウォレットに登録すると、ユーザはiPhoneやApple Watchをタップするだけで、アリゾナのフェニックス・スカイ・ハーバー国際空港の一部の保安検査場で運転免許証や州発行の身分証明書を米国運輸保安局に提示できるようになります。

ウォレットAppへの運転免許証と州発行の身分証明書の追加は、iOS 15.4以降が動作するiPhone 8以降、watchOS 8.4以降が動作するApple Watch Series 4以降で利用できます。

コネチカット州、ジョージア州、アイオワ州、ケンタッキー州、メリーランド州、オクラホマ州、ユタ州や、コロラド州、ハワイ州、ミシシッピー州、オハイオ州、プエルトリコでもまもなく利用できるようになります。