オーディオテクニカ、完全ワイヤレスイヤフォンの重低音モデルとカジュアルモデルを発売

株式会社オーディオテクニカが、完全ワイヤレスイヤフォンの新製品として、重低音モデルの「SOLID BASS ATH-CKS50TW」と、カジュアルモデル「ATH-CK1TW」を発売すると発表しています。

ATH-CKS50TWは、9mm径のSOLID BASS HD TWSドライバーとアコースティックダクトによる重低音サウンドが特徴の完全ワイヤレスイヤフォンです。さらに、フィードフォワード式アクティブノイズキャンセリング機能や、周囲の音を取り込むヒアスルー機能を搭載しています。

装着しやすく耳から外れにくい構造で、異なる硬度のシリコンを採用したハイブリッド構造のコンフォートフィットイヤピースが付属しています。

AAC/aptX audio/aptX Adaptive audioコーデック対応、防水規格「IPX4」準拠です。単体で約20時間、充電ケースの併用で最大約50時間使用できます。

カラーはブラック、ブルー、ベージュの3色、直販価格は18,480円で、11月5日(金)発売予定です。Amazon.co.jpビックカメラ.comなどでも予約販売中です。

ATH-CK1TWは、小さい耳穴にも無理なくフィットするデザインを採用した完全ワイヤレスイヤフォンです。

防水規格「IPX5/7」に準拠しており、水洗いも可能です。単体で約7時間、充電ケースの併用で最大約21時間使用できます。

カラーはブラック、ブルー、オレンジ、ホワイトの4色、直販価格は7,480円で、11月19日(金)発売予定です。Amazon.co.jpビックカメラ.comなどでも予約販売中です。