新しい廉価版「iPhone」、2月から量産

Bloombergが、新しい廉価版「iPhone」の量産が2月から始まるようだと伝えています。

「iPhone 9」や「iPhone SE 2」と呼ばれている廉価版iPhoneは、iPhone 8と同様のデザインで、4.7インチのディスプレイ、Touch ID、A13 Bionicチップ、iPhone 11 Proのようなすりガラス調の背面ガラスを搭載するとみられています。

ロードマップに詳しい人物によると、早ければ3月にも発売されるようです。