「マップ/ナビゲーション」カテゴリーアーカイブ

スマホ向けナビアプリ「NAVITIME」、混雑エリアマップを提供

株式会社ナビタイムジャパンが、スマートフォン向けナビゲーションアプリ「NAVITIME」[App Store]で「混雑エリアマップ」の提供を開始したと発表しています。

新しいバージョン23.5.1では、許諾を得たユーザのGPS情報ををもとに、地図上に現在の混雑状況を9段階に色分けして表示するようになっています。東京、埼玉、千葉、神奈川に対応しています。

「乗換案内」アプリで各駅停車優先検索機能が無料に

ジョルダン株式会社が、新型コロナウイルス感染症による混雑を避けた移動へのニーズの高まりを受けて、iOS/Android向けアプリ「乗換案内」[App Store]の「各駅停車優先検索」機能を本日より順次無料で提供すると発表しています。

各駅停車優先検索は、比較的空いている各駅停車の電車を優先して検索できる機能で、これまで有料のPlus版で提供されていました。

今後も「駅や車内の混雑情報の分析および案内」や「混雑が予想される路線や時間帯を避けた経路の案内」などの提供を検討しているとのことです。

矢印でルートを案内するバイク用ナビ「BeeLine moto」に新色ガンメタグレー追加

合同会社アシカンが、バイク用ナビゲーション「BeeLine moto」の新色ガンメタルグレーと保護シートを発売したと発表しています。

BeeLine motoは、スマートフォンで目的地を登録すると、走行する方向を指す矢印、次の曲がり角の位置、目的地までの距離、目的地までの進捗状況を表示するナビゲーションです。ルートを設定せずに目的地の方向だけを表示して、好きな道を気ままに走るコンパスモードも搭載しています。防塵・防水規格「IP67」準拠です。

バイクのハンドルバーに取り付け可能なユニバーサルストラップマウントと、パネルやタンクなどに取り付け可能なゴープロスタイルマウントが付属しています。価格は23,824円(税別)です。

ディスプレイ専用保護シートは低反射タイプと高光沢タイプが用意されています。価格は1,200円(税別)です。

Apple、日本でAppleマップのデータを収集

Apple Inc.が、3月から10月にかけて日本で「Appleマップ」に使用するデータを収集すると案内しています。

車両による収集が行われるのは、宮城、東京、神奈川、石川、広島、香川、福岡、歩行者による収集が行われるのは、東京、神奈川、愛知、三重、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良です。

「Google マップ」が15周年、新機能が追加

Google LLCが、15周年を迎えた「Google マップ」のスマホ版に新機能を追加したと発表しています。

本日より順次利用できるようになる新しいGoogle マップには、周辺のスポットを表示する「スポット」、ルートを検索できる「経路」、保存したスポットを表示する「保存済み」、口コミや写真を表示する「投稿」、専門家やパブリッシャーのフィードを表示する「最新」の5つのタブが採用されています。

乗換案内機能では、利用者から提供されたデータをもとにした気温、アクセシビリティ、女性専用車両、女性専用車両、車両編成の情報を確認できるようになります。この機能は3月から提供される予定です。

さらに、AR機能のライブビューで目的地の方向と距離を確認できる機能も追加される予定です。

矢印でルートを案内するバイク用ナビ「BeeLine moto」発売

Tokyo Mac事務局が、バイク用ナビゲーション「BeeLine moto」を発売すると発表しています。

BeeLine motoは、スマートフォンで目的地を登録すると、走行する方向を指す矢印、次の曲がり角の位置、目的地までの距離、目的地までの進捗状況を表示するナビゲーションです。ルートを設定せずに目的地の方向だけを表示して、好きな道を気ままに走るコンパスモードも搭載しています。防塵・防水規格「IP67」に準拠しています。

バイクのハンドルバーに取り付け可能なユニバーサルストラップマウントと、パネルやタンクなどに取り付け可能なゴープロスタイルマウントが付属しています。別売でバークランプ、スクーターミラークランプ、RAMボールも用意されています。

プラスチックブラックとメタル(アルミ削り出し)のラインナップで、価格は20,000円(税別)と23,824円(税別)です。

LINE内で「ジョルダン乗換案内」が利用可能に

ジョルダン株式会社が、スマートフォン向けアプリ「LINE」にて、乗り換え案内サービス「ジョルダン乗換案内」の提供を開始したと発表しています。

ジョルダン乗換案内は、ホームタブのサービスからアクセス可能で、電車、バス、飛行機などを利用した経路を検索して友だちと共有できる「そのままシェア」と、共有されたユーザが出発地を変更して再検索できる「待ち合わせシェア」を搭載しています。

スマホ向けカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」専用ハンドルリモコン発売

SB C&S株式会社が、SoftBank SELECTIONブランドより、スマートフォン向けカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」専用のリモコン「ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ」を発売すると発表しています。

ナビうま ハンドルリモコン Plusは、ハンドルから手を離すことなくスマートフォンのYahoo!カーナビアプリを操作できるナビうま ハンドルリモコンの後継機で、付属のアタッチメントが改良されています。約370~400mm径のハンドルに取り付け可能です。

音声検索の起動、現在位置から自宅へのルート検索、ハイウェイモードと通常モードの切り替え、地図を拡大・縮小といった操作が可能です。

価格は3,980円、7月26日(金)発売予定で、本日より予約注文を受け付けています。

iOS向け「Yahoo!カーナビ」、CarPlay向けの機能を追加

ヤフー株式会社が、iOS向けカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」[App Store]に、CarPlay向けの機能を追加したと発表しています。

iOS向けYahoo!カーナビでは、CarPlay対応車載機器で「キープ」に登録されているスポットにアクセスできるようになっています。

さらに、高速道路走行中にCarPlay対応車載機器で、「通過するインターチェンジ」と「サービスエリア・パーキングエリア」を表示するようになりました。