センチュリーの11.6インチ液晶ディスプレイに仕様変更

株式会社センチュリーが、今月末に発売を予定していた11.6インチ液晶ディスプレイ「plus one Full HD LCD-11600FHD2」について、仕様を変更したと発表しています。

LCD-11600FHD2は、解像度1,920×1,080ピクセルのノングレアIPSパネルを採用した11.6インチ液晶ディスプレイです。視野角は上下左右各89°、輝度は300cd/m²、コントラスト比は1000:1、応答速度は25ms、ステレオスピーカー内蔵で、入力端子はHDMIとDisplayPortを搭載しています。

新仕様では、USBバスパワー駆動が非対応となり、ACアダプターのみで動作するようになっています。これにともない、参考価格が32,800円から29,800円に、発売時期は2月下旬から3月中旬に変更されました。