「AirTags」タグアーカイブ

iOS 14.3 Betaの探すappに「AirTags」や「AirPods Studio」のヒント

MacRumorsの寄稿者であるスティーブ・モーザー氏が、iOS 14.3 Betaには、紛失防止タグ「AirTags」のサポートや、Appleのヘッドフォン「AirPods Studio」を示唆する探すappのペアリングビデオが含まれているとツイートしています。

このビデオには、以前流出したAirPods Studioとされる写真と似たヘッドフォンのアイコンや、バックパックとスーツケースのアイコンが含まれており、AirTagsをサポートしているとみられます。

また、iOS 14.3 Betaのコードには、探すappでAirTagsや他社製紛失防止タグをサポートすることを示唆する記述が多数含まれているとのことです。

「AirTags」、11月6日(金)に最終性能試験を完了

リーカーのジョン・プロッサー氏が、Appleの紛失防止タグ「AirTags」は11月6日(金)に全ての最終性能試験を完了する予定であるとツイートしています。

通常この試験が終了すると30日以内に製品が出荷されるそうで、11月のイベントで発表されるようだと述べています。

プロッサー氏は2週間前に、AirTagsの発表および発売は2021年3月に延期されたようだとコメントしていましたがこれは誤りだったようです。

@L0vetodreamは先日、AirTagsは2サイズ展開で、まもなく発表されることを示唆するツイート[1/2]を投稿していました。

「AirTags」の発表は2021年3月、「AirPods Studio」の発表は来月に? 「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」は10月、「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro Max」は11月発売

ジョン・プロッサー氏が、Appleの紛失防止タグ「AirTags」の発表と発売は2021年3月に延期されたようだとツイートています。

AirTagsは、ボトルキャップより少し大きいサイズで、前面はロゴなどもないクリーンなデザイン、背面にはAppleロゴなどが入った金属プレートを採用し、Bleutooth LEとUWB(Ultra Wide Band、超広帯域無線)通信に対応するとされています。

また、10月20日(火)に量産が完了するといわれているAppleのハイエンドヘッドフォン「AirPods Studio」について、来週のApple Eventでは発表されないとの情報を3人の情報筋から得たと述べています。

価格については、レザーおよびメタル素材を採用したプレミアムバージョンが599ドル、スポーツバージョンが350ドルとなるようです。

来週のイベントで発表される「iPhone 12」については、6.1インチの「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」が10月16日(金)に予約、10月23日(金)に発売が開始され、「iPhone 12 mini」と「iPhone 12 Pro Max」は11月に発売されるとしています。

このイベントではiPhone 12と「HomePod mini」が発表されるそうです。

「AirTags」のデザインが公開

Front Page Techのジョン・プロッサー氏が、Appleの紛失防止タグ「AirTags」の画像を公開しています。

このAirTagsの画像は、情報元を守るために実機のビデオや写真をもとに作成された3Dレンダーです。

サイズはボトルキャップより少し大きい程度で、前面はロゴなどもないクリーンなデザイン、背面にはAppleロゴなどが入った金属プレートを採用しています。キーチェーンなどを取り付ける穴はなく、専用のレザーポーチキーチェーンが別売されるようです。

また、AirTagsはBleutooth LEの他に、高精度な位置測位が可能なUWB(Ultra Wide Band、超広帯域無線)通信もサポートするとのことです。

プロッサー氏は、日本時間9月16日(水)のApple Eventで発表されるのは「Apple Watch Series 6」「Apple Watch SE」(Series 4と同じデザインの廉価モデル)や、「iPad Air 4」「iPad 8」で、AirTagsと「HomePod Mini」も発表されるかもしれないと述べています。新しい「iPhone」と「AirPods Studio」については今回は発表されないとのことです。

Appleの紛失防止タグ「AirTag」とみられる画像

Front Page Techのジョン・プロッサー氏が、Appleが準備していると噂されている紛失防止タグとみられる画像を公開(米国時間9月13日(日)付)しています。

プロッサー氏は、「AirTag」とワイヤレスヘッドフォン「AirPods Studio」に関する情報を米国時間9月14日(月)に公開すると予告しています。

今年発表されるAppleの新製品

MacRumorsが、Bloombergのマーク・ガーマン氏がPeriscopeのライブ配信で、フォロワーからの質問に答える形でAppleの新製品に関する情報を提供していたと伝えています。

ガーマン氏によると、今年発売される新しい「iPhone」は5.4インチと6.1インチのローエンドモデル2機種と、6.1インチと6.7インチのハイエンドモデル2機種の計4機種のラインナップで、ハイエンドモデルにはLiDARスキャナを搭載するとのことです。

他の製品については、デザイン刷新の可能性もある新しい「iMac」や、シザー構造キーボード採用の14インチ「MacBook Pro」、小型の「HomePod」、新しい「Apple TV」、16インチ「MacBook Pro」のアップデート(10〜11月頃)、睡眠トラッキング機能が追加された「Apple Watch Series 6」、紛失防止タグ「AirTags」、ハイエンドヘッドフォン(秋頃)などが今年発表されると述べています。

Apple、サポートビデオで「AirTags」に触れる

MacRumorsが、AppleがYouTubeに公開した新しいサポートビデオの中に、紛失防止タグ「AirTags」に触れた設定画面が見つかったと伝えています。

これを発見したAppleosophyによると、「How to erase your iPhone」(iPhoneを消去する方法)というタイトルのビデオで、「iPhoneを探す」の設定画面に「Offline finding enables this device and AirTags to be found when not connected to Wi-Fi or cellular.」(オフラインのデバイスを探すを有効にすると、Wi-Fiまたはモバイル通信ネットワークに接続されていない時でもこのデバイスおよびAirTagsを探すことができます。)という説明があったとのことです。

このビデオはすでに削除されています。

Appleの紛失防止タグ「AirTag」はコイン型電池採用?

MacRumorsが、Appleが発売すると噂されている紛失防止タグは「AirTag」という名称で発売されるようだと伝えています。

AirTagの試作機は、コイン型電池「CR2032」を採用しており、背面カバーを回して外して交換できるようになっているそうです。

iOS 13.2には、AirTagという名称のフォルダがあり、「BatterySwap」(バッテリ交換)というビデオアセットが含まれています。

Appleのスペシャルイベントは3月末開催、iPhone 9は4月3日(金)発売?

9to5Macが、Appleのスペシャルイベントが3月末に開催されるかもしれないと伝えています。

ドイツのiphone-ticker.deによると、Appleは3月末にスペシャルイベントの開催を予定しており、「iPhone 9/iPhone SE 2」は4月3日(金)に発売される可能性があるとのことです。

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone 9/iPhone SE 2の他にもiPad Pro、13インチMacBook Pro、MacBook Air、紛失防止タグ、ハイエンドヘッドフォン、小型ワイヤレス充電マットが2020年上半期に発売される予定であると述べています。

Appleの紛失防止タグは「AirTag」という名称に

9to5Macが、Appleが発売を予定している紛失防止タグは、「AirTag」という名称になるようだと伝えています。

iOS 13.2のファイルシステムには、AirTagという名称を使用したフォルダが存在しているとのことです。このフォルダには「BatterySwap」(バッテリ交換)というビデオアセットが含まれています。