「AirPods Studio」タグアーカイブ

「AirPods Studio」とされる写真とビデオが流出

9to5Macが、Appleが準備しているハイエンドヘッドフォン「AirPods Studio」とされる写真ビデオがTwitterに投稿されていると伝えています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は以前、Appleのハイエンドヘッドフォンは、レザー調素材を採用したプレミアムバージョンと、軽量で小さい穴が空いた通気性のよい素材を採用したフィットネス向けバージョンの2種類があると述べており、この写真のAirPods Studioは後者のようです。

またジョン・プロッサー氏は、AirPods Studioは高品質なレザーとメタル、マグネット式イヤーカップ、左右の耳を検知するリバーシブルデザイン、USB-Cポートを採用していると述べています。

「iPhone」「Apple Watch」「iPad Air」「HomePod」などの新モデルがこの秋登場

Bloombergが、Appleはこの秋に「iPhone」「iPad Air」「Apple Watch」「HomePod」などの新モデルを発表する予定であると報じています。

Appleは10月に5G対応の新しい「iPhone」の発表を計画しているとのことです。新モデルはiPad Proに似たデザインに変更され、5.4インチと6.1インチのディスプレイを搭載し、アルミニウム製フレームを採用した下位モデルと、6.1インチと6.7インチのディスプレイを搭載し、ステンレススチール製フレームを採用したProモデルの計4機種のラインナップとなり、少なくともProの6.7インチはLIDARスキャナを搭載するようです。Proモデルにはミッドナイトグリーンに代わる新色「ダークブルー」が追加されるそうです。

さらに、「Apple Watch Series 6」や、Apple Watch Series 3に替わる新しい低価格モデル、iPad Proと同様のスリムベゼルデザインを採用した新しい「iPad Air」、オーバーイヤー型ヘッドフォン、小型の「HomePod」も秋に登場するとのことです。

Appleは他にも、プロセッサやリモコンなどがアップグレードした「Apple TV」も準備しているようですが、出荷は来年になるようです。

Appleのハイエンドヘッドフォン「AirPods Studio」は頭・首検出機能を搭載

9to5Macが、Appleが準備しているハイエンドワイヤレスヘッドフォン「AirPods Studio」は頭と首を検出する機能を搭載するようだと伝えています。

AirPodsは耳に装着したことを感知して音声を受信し、片方を外すと再生が一時停止/再開し、両方外すと再生が停止する耳検出機能を搭載していますが、AirPods Studioはヘッドフォンを頭に装着しているか、首にかけているかを感知するセンサーを搭載するとのことです。

さらに、左右の耳を感知して自動で左右のオーディオチャンネルをルーティングする機能も搭載するようで、AirPods Studioには左右の区別がないようです。また、MacやiOSデバイスとペアリングすることでカスタムイコライザ設定を利用できるそうです。

ジョン・プロッサー氏は先週、AirPods Studioは349ドルで販売されるとツイートしていました。

「AirPods 3」は21年上半期、「AirPods Pro 2」は21年第4〜22年第1四半期に量産開始

MacRumorsが、アナリストのミンチー・クオ氏によると、第3世代「AirPods」が2021年上半期に量産に入るようだと伝えています。

さらに、第2世代「AirPods Pro」は2021年第4四半期または2022年第1四半期に、ハイエンドのオバーイヤー型ワイヤレスヘッドフォンは2020年中頃に量産が開始されると述べています。

現行のAirPodsは2019年3月20日(水)、AirPods Proは2019年10月28日(月)に発表されました。

Appleのハイエンドヘッドフォンは今年発売されるとみられており、イヤーパッドとヘッドバンドパッドはマグネットで交換できるようになっていると報じられています。

今年発表されるAppleの新製品

MacRumorsが、Bloombergのマーク・ガーマン氏がPeriscopeのライブ配信で、フォロワーからの質問に答える形でAppleの新製品に関する情報を提供していたと伝えています。

ガーマン氏によると、今年発売される新しい「iPhone」は5.4インチと6.1インチのローエンドモデル2機種と、6.1インチと6.7インチのハイエンドモデル2機種の計4機種のラインナップで、ハイエンドモデルにはLiDARスキャナを搭載するとのことです。

他の製品については、デザイン刷新の可能性もある新しい「iMac」や、シザー構造キーボード採用の14インチ「MacBook Pro」、小型の「HomePod」、新しい「Apple TV」、16インチ「MacBook Pro」のアップデート(10〜11月頃)、睡眠トラッキング機能が追加された「Apple Watch Series 6」、紛失防止タグ「AirTags」、ハイエンドヘッドフォン(秋頃)などが今年発表されると述べています。

Appleのハイエンドヘッドフォンは交換可能なパーツを採用

Bloombergが、Appleはオーバーイヤー型のハイエンドワイヤレスヘッドフォンを開発しており、交換可能なパーツを採用しているようだと伝えています。

Appleのハイエンドヘッドフォンは、レザー調素材を採用したプレミアムバージョンと、軽量で小さい穴が空いた通気性のよい素材を採用したフィットネス向けバージョンの2種類が確認されているとのことです。

イヤーパッドとヘッドバンドのパッドはヘッドフォンのフレームにマグネットで着脱可能で、ユーザが交換できるようになっているようです。

アナリストのミンチー・クオ氏は以前、Appleのハイエンドヘッドフォンは今年発売されるだろうと述べていました。

iOS 14にAppleのハイエンドヘッドフォンのアイコン

9to5Macが、流出したiOS 14のコードにAppleが発売すると噂されているハイエンドヘッドフォンのものとみられるアイコンが見つかったと伝えています。

このアイコンはiOS 14のバッテリーおよび充電状況のウィジェットに使用されるもので、ライトとダークの2つのバージョンが用意されています。

アナリストのミンチー・クオ氏は、AppleのハイエンドBluetoothヘッドフォンは今年発売されるだろうと述べています。

Appleのスペシャルイベントは3月末開催、iPhone 9は4月3日(金)発売?

9to5Macが、Appleのスペシャルイベントが3月末に開催されるかもしれないと伝えています。

ドイツのiphone-ticker.deによると、Appleは3月末にスペシャルイベントの開催を予定しており、「iPhone 9/iPhone SE 2」は4月3日(金)に発売される可能性があるとのことです。

アナリストのミンチー・クオ氏は、iPhone 9/iPhone SE 2の他にもiPad Pro、13インチMacBook Pro、MacBook Air、紛失防止タグ、ハイエンドヘッドフォン、小型ワイヤレス充電マットが2020年上半期に発売される予定であると述べています。