「ロス・ヤング」タグアーカイブ

「iPhone 15」シリーズは全機種にDynamic Islandを搭載

9to5MacがDisplay Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏によると、「iPhone 15」シリーズではDynamic Islandの採用が全モデルに拡大されるようだと伝えています。

ヤング氏は、iPhone 15シリーズではスタンダードモデルにもDynamic Islandが採用されるとツイートしています。

常時表示ディスプレイについては、iPhone 15シリーズのスタンダードモデルには搭載されないとしています。

「Apple Watch Series 8」により大きい1.99インチディスプレイ搭載モデルが追加

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、「Apple Watch Series 8」は1.99インチ(50.55mm)のディスプレイを搭載するとツイートしています。

ヤング氏は昨年、Apple Watch Series 8に3つのサイズがあっても驚かないようにとツイートしており、同氏はこれについての質問に対して「新しいサイズはより大きい1.99インチ」と答えています。

MacRumorsによるとアナリストのジェフ・プー氏は、中国Luxshare Precision Industry社がハイエンドとなる2インチApple Watchの唯一のサプライヤーになると述べているとのことです。

現行のApple Watch Series 7は、41mmモデルが1.691インチ(42.95mm)、45mmモデルが1.901インチ(48.29mm)のディスプレイを搭載しています。

Apple、OLEDディスプレイを搭載した「MacBook Air」と「iPad Pro」を2024年に発売か

9to5Macが、アナリストのロス・ヤング氏によると、AppleはOLEDディスプレイを搭載した「MacBook Air」と「iPad Pro」を2024年に発売する計画のようだと伝えています。

ロス・ヤング氏はスーパーフォロワー向けのツイートで、Appleは11インチおよび12.9インチのOLEDディスプレイを搭載した「iPad Pro」に加え、13.3インチのOLEDディスプレイを搭載したノートブックも2024年に発売する可能性が高まってきていると述べています。

このノートブックは「MacBook Air」になると予想されるものの、「MacBook」や「MacBook Pro」、または、新しいカテゴリになる可能性もあるとのことです。

MacBook AirとiPad Proに搭載されるOLEDディスプレイは、輝度を上げ、ディスプレイの寿命を延ばし、消費電力を約30%削減するタンデムスタックと呼ばれるディスプレイ技術や、可変リフレッシュレートを採用するとのことです。

14.1インチiPadはミニLEDやProMotionを搭載せず

9to5Macが、アナリストのロス・ヤング氏によると、14.1インチのiPadはミニLEDやProMotionを搭載しないようだと伝えています。

ロス・ヤング氏は先日、AppleがミニLEDとProMotionを搭載した14.1インチiPad Proを準備していると述べていましたが、スーパーフォロワー向けのツイートで、14.1インチiPadにminiLEDが搭載されないことを確認し、ProMotionも搭載される可能性は低いため、Proモデルではないようだと訂正ています。発売時期は2023年第1四半期としています。

Apple、14.1インチ「iPad Pro」を2023年に発売

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、Appleは14.1インチの「iPad Pro」を発売するようだとツイートしています。

14.1インチiPad ProはミニLEDとProMotionを搭載するようです。発売時期については不明で、ヤング氏は2023年前半になるのではと予想しています。

Bloombergのマーク・ガーマン氏は昨年、Appleが大型のiPadを検討していると報じていました。

「iPhone 14 Pro」はわずかに大きいディスプレイを搭載

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、今年発売される「iPhone 14 Pro」はiPhone 13 Proよりもわずかに大きいディスプレイを搭載するとツイートしています。

iPhone 14のProモデルは、ディスプレイ上部の切り欠きがピル型と丸型に変更され、ベゼル幅はより狭くなるため、「iPhone 14 Pro」は6.12インチ、「iPhone 14 Pro Max」は6.69インチのディスプレイを搭載するとのことです。iPhone 13 Proは6.06インチ、iPhone 13 Pro Maxは6.68インチのディスプレイを搭載しています。

また、iPhoneのアンダースクリーンFace IDとアンダースクリーンカメラのロードマップも公開しています。

2023年:iPhone 15全モデルにピル型と丸型の切り欠きを採用
2024年:iPhone 16 ProのみにアンダースクリーンFace ID採用、カメラはパンチホール型のまま
2025年:iPhone 17全モデルにアンダースクリーンFace ID採用、カメラはパンチホール型のまま
2026年:iPhone 18 ProのみにアンダースクリーンFace IDとアンダースクリーンカメラを採用

新しい「MacBook Air」は15.2インチと13.6インチのディスプレイを搭載

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏が、2023年に発売される15インチの「MacBook Ari」は15.2インチのディスプレイを搭載するとツイートしています。

また、2022年発売予定の13インチMacBook Ariは、ディスプレイが13.3インチから13.6インチにサイズアップするとのことです。

15インチモデルについては、アナリストのミンチー・クオ氏が名称はMacBook Airではない可能性があると述べています。

15インチの「MacBook Air」が2023年に登場

9to5Macが、Display Supply Chain Consultants(DSCC)によるとAppleは15インチの「MacBook Air」を2023年に発売するようだと伝えています。

DSCCのロス・ヤング氏は、Appleはおよそ15インチサイズのディスプレイを搭載したMacBook Airを開発しており、2023年に発売を予定しているとレポートしています。また、現行の13.3インチよりもわずかに大きいディスプレイを搭載した13インチMacBook Airも開発されているようです。

Appleは他にも、現行の10.2インチよりもわずかに大きいディスプレイを搭載したベースモデルの「iPad」も準備しているとのことです。

「iPhone 14」に採用されるピル+丸型の切り欠きデザイン

FRONT PAGE TECHのジョン・プロッサー氏が、「iPhone 14」に採用されるピル型と丸型の2つの切り欠きは予想よりも大きくなるとレポートしています。

Weiboでは2つの切り欠きが確認できるiPhone 14のフロントパネルの図面データと見られる画像が投稿されており、プロッサー氏はこれが本物であると独自に検証できたと述べています。

Display Supply Chain Consultantsのロス・ヤング氏は、ピル型と丸型の切り欠きはiPhone 14ではPro/Pro Maxのみに採用されると述べており、本日のツイートでは2023年に発売されるiPhoneは全4機種にこのデザインが採用されるとしています。

Apple、折りたたみ式のMacBookを検討 折りたたみ式iPhoneは2025年に

Display Supply Chain Consultants(DSCC)が、Appleは約20インチの折りたたみ式ディスプレイを搭載したノートブックを検討していると伝えています。

DSCCのロス・ヤング氏は、このノートブックは折った時にフルサイズキーボード付きのノートブック、広げた時に外付けキーボードを併用してモニターとして使用できる真のデュアルユース製品となるだろうと述べています。登場するのは2025年以降で、2026年か2027年になる可能性があるとのことです。

また、折りたたみ式のiPhoneについては、サプライチェーンの話ではAppleは折りたたみ式スマートフォン市場への参入を急いでいる様子がないため、ヤング氏は予想参入時期を2023年から2025年に先延ばししており、これよりもさらに先になることもあるとしています。