「ソーシャルネットワーキング」カテゴリーアーカイブ

Twitter.comがデザインリニューアル

Twitter, Inc.が、Twitter.comのデザインを刷新しています。

新しいTwitter.comでは、ツイートのブックマーク、アカウントの切り替え(5件まで)、ダークブルーとブラックの2つのダークテーマ、色およびテキストサイズのカスタマイズといった新機能を利用できるようになっています。

Twitterrific 6

The Iconfactoryが、iOS向けのTwitterクライアント「Twitterrific 6」[App Store]をリリースしています。

このバージョンでは、ビデオやGIFの自動無音再生、オリジナルアスペクト比でのサムネール表示、GIPHYの統合、メディアを添付した引用ツイートのサポート、メディア説明文追加のサポートの改善、3種類の新しいアプリアイコン、5種類の新しいテーマ、12種類の新しいOlliemojiステッカー、新しいフォント(San Francisco Compact Rounded)などが追加されています。

「+メッセージ」が企業アカウントに対応

KDDI株式会社、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社が、携帯電話番号だけでメッセージや写真・動画をやりとりできる「+メッセージ」 [App Store]の機能を拡充すると発表しています。

+メッセージでは新たに、企業などの公式アカウントを通じてメッセージをやりとりできるようになります。本人認証が必要な契約内容の確認・変更、お店の予約なども可能になるとのことです。

提供開始時期は、auが5月以降、ドコモとソフトバンクが8月以降となっています。

「LINE」にトークスクショ機能が追加

LINE株式会社が、無料通話・メールアプリ「LINE」[App Store]に、トークスクショ機能を追加しています。

バージョン9.5.0では、メッセージを長押しで表示されるメニューから「スクショ」をタップし、メッセージの範囲を指定してスクリーンショットを撮影できるようになっています。アイコンや名前を隠して撮影したり、落書き機能で書き込んだりすることも可能です。

Twitterrific 5.3.9

The Iconfactoryが、macOS向けのTwitterクライアント「Twitterrific 5.3.9」[Mac App Store]を配布しています。

このバージョンでは、ツイートメニューバーにTwitterrific内でURLを開く「リンクから開く」オプションと、クリップボードからURLを開く「クリップボードから開く」オプションが追加されています。また、他のアプリからURLをタイムラインにドラッグ&ドロップしてTwitterrific内で開く機能や、他のアプリからURL、画像、テキストをドラッグして、編集ボタンに重ねると新規ツイートが開く機能も追加されています。