「写真/カメラ」カテゴリーアーカイブ

360°写真や超広角写真・ビデオを撮影できるiPhone用レンズ「ぐるっ撮360°」

スペックコンピュータ株式会社が、iPhone用360°レンズ「ぐるっ撮360°」を発売すると発表しています。

ぐるっ撮360°は、前面と背面に超広角160°レンズを備えており、専用アプリで360°写真や超広角写真・ビデオを撮影することができます。アプリはビデオ撮影のリアルタイム手ぶれ補正機能も搭載しています。iPhone 8/7、iPhone 8 Plus/7 Plus、iPhone XS/Xに対応しています。

価格は4,378円で、1月30日(木)発売予定です。スペックダイレクトYahoo!ショッピングAmazon.co.jpにて予約販売中です。

Apple、「Shot on iPhoneナイトモードで撮影」チャレンジを開催

Apple Inc.が、iPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxのナイトモードを使って撮影した写真のコンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影」チャレンジを開催すると発表しています。

日本時間1月30日(木)午後4時59分までにナイトモードで撮影した写真をInstagram、Twitter、Weiboに投稿する、または、Eメールでshotoniphone@apple.comに送信することで応募できます。参加資格は18歳以上となっています。

InstagramとTwitterの場合はハッシュタグ「#ShotoniPhone」「#NightmodeChallenge」、Weiboの場合は「#ShotoniPhone#」「#NightmodeChallenge#」を付け、撮影したiPhoneの機種情報を記載して投稿します。

Eメールの場合は、写真のファイル名を「firstname_lastname_Nightmode_iphonemodel」の形式にして送信します。

3月4日(水)に優秀作品5点が発表される予定です。

iOS/iPadOS向け「Lightroom CC」、外付けメディアからの直接読み込みが可能に

Adobe Systems Incorporatedが、iOS/iPadOS向けアプリ「Adobe Lightroom CC」[App Store]、「Adobe Lightroom CC for iPad」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン5.1.0では、iOS/iPadOS 13.2以降で、SDカードなどの外付けメディアからデータを直接読み込めるようになっています。

他にも、ファイル形式や、ピクセルサイズ、画質、透かし、ファイル名、シャープ出力、カラースペースなどを設定できるようになった書き出しや、無料版からもアクセスできるようになった共有アルバムといった新機能も追加されています。

Adobe Camera Raw and DNG Converter 12.0

Adobe Systems Incorporatedが、「Adobe Camera Raw and DNG Converter 12.0」を配布しています。

このバージョンは以下のカメラをサポートしています。

  • Apple iPhone 11
  • Apple iPhone 11 Pro
  • Apple iPhone 11 Pro Max
  • Fujifilm X-Pro3
  • Google Pixel 4 Front Camera*
  • Google Pixel 4 Rear Wide Camera*
  • Google Pixel 4 Rear Telephoto Camera*
  • Google Pixel 4 XL Front Camera*
  • Google Pixel 4 XL Rear Wide Camera*
  • Google Pixel 4 XL Rear Telephoto Camera*
  • HUAWEI Honor 20 Pro Rear Main Camera
  • HUAWEI Honor 20 Pro Rear Telephoto Camera
  • HUAWEI Honor 20 Pro Rear Wide Camera
  • HUAWEI Mate 10 Pro
  • HUAWEI P30 Rear Main Camera
  • HUAWEI P30 Rear Telephoto Camera
  • HUAWEI P30 Rear Wide Camera
  • HUAWEI P30 Pro Rear Main Camera
  • HUAWEI P30 Pro Rear Telephoto Camera
  • HUAWEI P30 Pro Rear Wide Camera
  • Olympus E-M5 Mark III
  • Olympus PEN E-PL10
  • Nikon Z 50*
  • Sony A6100 (ILCE-6100)
  • Sony A6600 (ILCE-6600)

*予備的サポート

RAW画像処理ソフトウェア「DxO PhotoLab 3」リリース

DxO Labsが、RAW現像ソフトウェア「DxO PhotoLab 3」をリリースしたと発表[PDF]しています。

新しいバージョンでは、「ColorWheel」という色彩ホイールを使う新しい色補正モードを搭載した色相/彩度/明度ツール、リペアモードの改善と新しいクローンモードが追加された修正ツール、部分調整マスクの管理機能、調整マスクの反転機能、キーワードを使った画像管理といった新機能が追加されています。

また、Canon G5 X Mark II、G7 X Mark III、Nikon P1000、Panasonic Lumix DC-G90/G95/G99/G91、Lumix DC FZ1000 II、Lumix TZ95/ZS80、Ricoh GR III、Sony A7R IV、RX100 VIIをサポートしています。

価格はEssential版が12,900円、Elite版が19,900円で、11月24日(日)まで発売記念価格9,998円と14,998円で提供しています。

富士フイルム、スマホ用チェキプリンタ「instax mini Link」発売

富士フイルム株式会社が、スマートフォン用チェキプリンタ「instax mini Link」を発売すると発表しています。

instax mini Linkは、スマートフォンで撮影した写真をBluetooth経由でプリントできるプリンタです。動画から画像を切り出してプリントできる「Video Print」機能や、最大5人まで同時接続して各自が撮影した写真を貼り付けて1枚のチェキプリントを作成できる「Party Print」機能、相性診断ができる「Match Test」機能を搭載しています。

instax mini Linkは専用アプリのリモコンとしても使用できるようになっており、プリンタを傾けてズームイン/ズームアウトしたり、中央のボタンをシャッターボタンとして使用したりすることができます。

カラーはダスキーピンク、アッシュホワイト、ダークデニムの3色、価格はオープンで、10月11日(金)発売予定です。

「Pixelmator Photo 1.1」、iPadOSをサポート

Pixelmator Team Ltd.が、iPad向け写真編集アプリ「Pixelmator Photo」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン1.1では、iPadOSのサポート、数タップでiPad用の全ての写真を自動編集できるバッチ編集、写真ライブラリやファイルAppで写真を編集できる機能、書き出しする際にリサイズできる機能などが追加されています。

Pixelmator Photoは、デスクトップクラスの写真編集アプリで、500機種以上のカメラのRAW画像のサポート、パワフルな非破壊カラー調整ツール、写真から不要なものを取り除くことができるRepairツール、Core MLを活用したホワイトバランスや露出などの自動補正ルーツ「ML Enhance」や、アナログフィルムなどを再現できるプリセット「ML Preset」、構図を改善する切り取りツール「ML Crop」といった機能を搭載しています。

iOS向け「Lightroom CC」がアップデート

Adobe Systems Incorporatedが、iPhone/iPad向けアプリ「Adobe Lightroom CC」[App Store]、「Adobe Lightroom CC for iPad」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン4.4.0では、削除した写真を復元できる機能や、写真タイプやレンズ焦点距離、深度マップでの写真検索といった新機能が追加されています。

  • 削除した写真の復元:削除した写真は、削除済みアルバムに移動され、最長 60 日間まで復元が可能です。
  • スクリーンショットの自動追加オプション:カメラロールから写真を自動的に読み込む際に、スクリーンショットを読み込むかどうかを指定できます(初期設定ではオフ)。
  • 追加の検索要素:RAW、HDR、またはパノラマの写真タイプ、および深度マップを含む画像の特定のレンズ焦点距離で撮影された写真を検索できるようになりました。使用するには、検索フィールドに「レンズ焦点距離」、「タイプ」、または「深度マップ」と入力を開始すると、オートコンプリートでカタログ内の使用可能なオプションが表示されます。
  • 「みつける」の作品からプリセットを作成:ホームセクションの「みつける」の作品で、画面右上のオプションメニューから「プリセットをダウンロード」をタップすると、作品に適用された編集がユーザープリセットとして保存されます。
  • ACR のアップデート:Adobe Camera Raw 11.4 リリースで追加された最新のカメラとレンズがサポート対象になりました(サポートされているカメラとレンズの一覧については、http://www.adobe.com/go/supported_cameras_jp を参照してください)。