「ディスプレイ」カテゴリーアーカイブ

EIZO、付属ケーブルを変更したカラーマネージメント液晶ディスプレイ3機種発売

EIZO株式会社が、カラーマネージメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG2730-Z」「ColorEdge CG2420-Z」「ColorEdge CS2420-Z」を発売すると発表しています。

CG2730-Z、CG2420-Z、CS2420-Zは、Adobe RGBカバー率99%で、キャリブレーションセンサーを内蔵したカラーマネージメント液晶ディスプレイ「CG2730」「CG2420」「CS2420」の後継機で、付属のDVI-Dケーブル、Mini DisplayPort~DisplayPortケーブルが、DisplayPortケーブル、HDMIケーブルに変更されています。

直販価格はそれぞれ216,000円、174,960円、96,984円で、5月16日(木)発売予定です。

27インチiMac (Late 2015/2017)対応の交換用ガラス&液晶パネル

秋葉館が、 iMac (Retina 5K, 27インチ, Late 2015/2017)に対応した交換用ガラス&液晶パネル「LM270QQ1-SDB1」を販売しています。

価格は75,384円です。秋葉館サポートセンターにて有料の取付サービスを提供しており、店頭持ち込みの場合の工賃は21,600円となっています。

EIZO、60W PD対応USB Type-C搭載の27型カラーマネージメントモニター発売

EIZO株式会社が、60W PD対応USB Type-Cを搭載した27型カラーマネージメントモニター「ColorEdge CS2731」を発売すると発表しています。

CS2731は、Adobe RGB色域を99%カバーする広色域のアンチグレアIPSパネルを搭載した27型液晶モニターで、カラーマネージメントソフトウェア「ColorNavigator 7」や、写真プリント色合わせソフトウェア「Quick Color Match」に対応しています。また、MacBook Proなどへの給電も可能な60W Power Delivery対応USB Type-Cを搭載しています。

最大解像度は2,560×1,440、視野角は水平178°/垂直178°、輝度は350cd/m²、コントラスト比は1,000:1、応答速度は16msで、入力端子はUSB Type-Cのほか、DisplayPort、HDMI、DVI-Dw搭載しています。

センチュリー、10.1インチ液晶ディスプレイを発売

株式会社センチュリーが、10.1インチ液晶ディスプレイ「plus one HDMI LCD-10000FP」を発売したと発表しています。

LCD-10000FPは、解像度1,280×800ピクセルのグレアPLSパネルを採用した10.1インチ液晶ディスプレイです。視野角は上下左右各80°、輝度は400cd/m²、コントラスト比は900:1、応答速度は30~45ms、モノラルスピーカー内蔵で、入力端子はHDMI、D-sub15ピン、RCAを搭載しています。USBバスパワーまたはACアダプターで使用できます。価格は15,120円です。

USB充電ポート、USB 3.1ハブ、SD/microSDカードスロットを搭載したモニター台

サンワサプライ株式会社が、USB充電ポートやUSB 3.1ハブを搭載したモニター台「100-MR160」を発売しています。

100-MR160は、対荷重10kg、幅56.8cmのモニター台で、最大2.4A出力の充電専用USBと、USB 3.1 Gen 1ポート×3、microSDカードスロット、SDカードスロットを搭載しています。価格は6,980円です。

AirPlay対応の小型モバイルプロジェクター「Pico Cube」

株式会社フェリクロスが、DISCOVERにて、モバイルプロジェクター「Pico Cube」の販売を開始しています。

Pico Cubeは、高さ55×幅55×奥行き55mm、重さ172gの小型モバイルプロジェクターです。HDMIとmicroSDに搭載した「S6」と、iOSデバイスを接続できるUSBとAndroidを搭載した 「A」(エース)の2機種のラインナップで、両機種ともWi-Fiを搭載しており、AirPlayやMiracastを利用してワイヤレスでミラーリングできるようになっています。

価格はS6が35,000円、Aが40,000円です。

センチュリーの11.6インチ液晶ディスプレイに仕様変更

株式会社センチュリーが、今月末に発売を予定していた11.6インチ液晶ディスプレイ「plus one Full HD LCD-11600FHD2」について、仕様を変更したと発表しています。

LCD-11600FHD2は、解像度1,920×1,080ピクセルのノングレアIPSパネルを採用した11.6インチ液晶ディスプレイです。視野角は上下左右各89°、輝度は300cd/m²、コントラスト比は1000:1、応答速度は25ms、ステレオスピーカー内蔵で、入力端子はHDMIとDisplayPortを搭載しています。

新仕様では、USBバスパワー駆動が非対応となり、ACアダプターのみで動作するようになっています。これにともない、参考価格が32,800円から29,800円に、発売時期は2月下旬から3月中旬に変更されました。

[更新]センチュリー、11.6インチ液晶ディスプレイを発売

株式会社センチュリーが、11.6インチ液晶ディスプレイ「plus one Full HD LCD-11600FHD2」を発売すると発表しています。

LCD-11600FHD2は、解像度1,920×1,080ピクセルのノングレアIPSパネルを採用した11.6インチ液晶ディスプレイです。視野角は上下左右各89°、輝度は300cd/m²、コントラスト比は1000:1、応答速度は25ms、ステレオスピーカー内蔵で、入力端子はHDMIとDisplayPortを搭載しています。USBバスパワーまたはACアダプターで使用できます。

参考価格は32,800円29,800円で、2月下旬3月中旬発売予定です。

[更新:2019年2月27日]仕様、参考価格、発売時期に変更がありました。