「ビジネス」カテゴリーアーカイブ

LibreOffice 6.4.5

The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 6.4.5」を配布しています。

このバージョンは、100以上のバグ修正と、ドキュメントの互換性および他社製ソフトウェアとの相互運用性の改善が含まれています。

LibreOfficeは無料のオフィススイートで、ワードプロセッシングアプリ「Writer」、スプレッドシートアプリ「Calc」、プレゼンテーションアプリ「Impress」、ベクターグラフィックス&フローチャートアプリ「Draw」、データベースアプリ「Base」、数式編集アプリ「Math」で構成されています。

AUKEY、フルHD対応ウェブカメラ発売

Aukey Technology Co.,Ltdが、ウェブカメラ「PC-LM1E」を発売したと発表しています。

PC-LM1Eは、65°広角レンズ、ノイズを軽減するデュアルマイク、自動光補正機能を搭載したフルHD対応のウェブカメラです。ノートパソコンやディスプレイへの取り付け、三脚への取り付け、据置きに対応しています。

価格は4,980円で、6月16日(火)まで400台限定の特別価格3,984円で購入できるクーポンコード「AUKEYLM1E」を提供しています。

LibreOffice 6.4.4

The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 6.4.4」を配布しています。

このバージョンは、多くのバグ修正とドキュメントの互換性の改善が含まれています。

LibreOfficeは無料のオフィススイートで、ワードプロセッシングアプリ「Writer」、スプレッドシートアプリ「Calc」、プレゼンテーションアプリ「Impress」、ベクターグラフィックス&フローチャートアプリ「Draw」、データベースアプリ「Base」、数式編集アプリ「Math」で構成されています。

広角120°のフルHD対応ウェブカメラ「Spedal 920Pro」

ミスターカード株式会社が、フルHD対応ウェブカメラ「Spedal 920Pro」を発売しています。

Spedal 920Proは、広角120°の8層ガラスレンズ、マニュアルフォーカス、ノイズキャンセラー付き無指向性デュアルマイクを搭載したフルHD対応ウェブカメラです。

価格は7,240円で、Amazon.co.jp楽天市場Yahoo!ショッピングにて販売中です。

ミスターカード、ウェブカメラ2機種を発売

miraicam1080p

ミスターカード株式会社が、ウェブカメラ2機種を5月11日(月)より発売すると発表しています。

サンワサプライ、3倍ズーム搭載のウェブカメラを発売

サンワサプライ株式会社が、3倍ズームを搭載したウェブカメラ「CMS-V50BK」を発売したと発表しています。

CMS-V50BKは、3倍ズームの84°広角レンズを搭載したフルHD対応ウェブカメラです。付属のリモコンで垂直±30°、水平±175°の角度調整が可能です。三脚穴を備え、天井や壁に取り付けることができる金具が付属しています。ケーブル長は5mです。

直販価格は73,150円で、6月上旬発売予定です。

アクト・ツー、画面キャプチャ&録画アプリ「Snagit」と画面録画&編集アプリ「Camtasia」発売

株式会社アクト・ツーが、米国TechSmith社の画面キャプチャ&録画アプリ「Snagit」と画面録画&編集アプリ「Camtasia 2020」の販売を開始したと発表しています。

Snagitは、画面のキャプチャと録画が可能なアプリケーションで、スクロールが必要なウェブページ全体などをキャプチャしたり、キャプチャからテキストを抽出したり、キャプチャを編集したりすることができます。価格は円です。

Camtasia 2020は、画面を録画してテンプレートを使ってチュートリアル、デモ、トレーニング用ビデオなどを作成できるアプリケーションです。吹き出し/説明、トランジション、文字列効果、アニメーション効果、カーソル効果、ナレーション追加、ビジュアル効果などを搭載しています。価格は29,560円です。

「Things 3 for iPad」がマウスとトラックパッドをサポート

Cultured Code GmbH & Co. KGが、iPadOS向けタスク管理アプリ「Things 3 for iPad」[App Store]をアップデートしています。

新しいバージョン3.12.2では、iPadOS 13.4以降でマウスとトラックパッドをサポートしています。

• インターフェース全体がカーソルに応答
カーソルはクリックに対応するインターフェースの要素をハイライトし、ボタンやチェックボックスにマウスを近づけるとそこにジャンプします。

• どこからでもコンテクストメニューを
新しく、サイドバーのタスク、プロジェクト、エリア、リストなど、あらゆるものを右クリックできます。この操作でパワフルなアクションを持つコンテクストメニューを立ち上げられます。

• スワイプジェスチャをサポート
タスクまたはプロジェクトを、右にスワイプするとスケジュールを作成、左にスワイプするとマルチセッションモードを開始できます。また、チェックリスト内から左にスワイプすると、行を削除できます。

• 新規ウインドウを開く
サイドバーでリストを右クリックして“新規ウインドウで開く”を選択すると、すばやくSplit Viewを開始できます (“Cmdキー+W”で終了できます)。

• 特別なクリック機能
タスクを開かないで選択するには、Cmdキーを押しながらタスクをクリックしてください。空いているスペースをクリックすると、選択を解除できます。タスクをキャンセルしたい場合は、Optionキーを押しながらタスクのチェックボックスをクリックしてください。

iOS版[App Store]もアップデートされています。

LibreOffice 6.4.3

The Document Foundationが、オープンソースのオフィススイート「LibreOffice 6.4.3」を配布しています。

このバージョンは、50以上のバグ修正と互換性の改善が含まれています。

LibreOfficeは無料のオフィススイートで、ワードプロセッシングアプリ「Writer」、スプレッドシートアプリ「Calc」、プレゼンテーションアプリ「Impress」、ベクターグラフィックス&フローチャートアプリ「Draw」、データベースアプリ「Base」、数式編集アプリ「Math」で構成されています。