Apple、「Apple Developer Center」をオープン

MacRumorsが、Appleが「Apple Developer Center」をオープンしたと伝えています。

Appleはこのデベロッパーセンターを「私たちのコミュニティがAppleのエンジニア、デザイナー、エキスパートと出会い、協力し、学ぶために設計された世界クラスの施設」と説明しています。

Apple Developer Centerは、Apple Parkの向かい、Apple Park Visitor Centerの隣に位置しており、デベロッパのポール・ハドソンさんによると、施設内にはmacOSの名称が付けられた「Panther」「Leopard」「Tiger」「El Capitan」ルームや「Big Sur」シアターなどが設けられています。